株式会社nts
〒711-0921
岡山県倉敷市児島駅前2-35
TEL.086-470-0633
FAX.086-470-0966

―――――――――――――――
1Fカウンター
<平日>10:00~19:00
<土曜日>10:00~18:00
―――――――――――――――
2F事務所
<平日>10:00~19:00
土日祝:定休日
―――――――――――――――
日曜日・祝祭日・年末年始・
GW・お盆期間中は1F・2F共に
お休みとなります。
qrcode.png
http://nts-travel.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 

査証(ビザ)要否 パスポート有効期限 

   
   
国名 査証の要否 備考 旅券の残存期間
アメリカ合衆国必要90日以内は査証不要、ESTA渡航認証が必要
査証免除プログラムの条件を満たしていること
IC旅券または機械読取式旅券が必要
帰国時まで有効なもの
アメリカ合衆国
ハワイ州
必要90日以内は査証不要、ESTA渡航認証が必要
査証免除プログラムの条件を満たしていること
IC旅券または機械読取式旅券が必要
帰国時まで有効なもの
カナダ不要観光は無査証、滞在日数は最大6ヶ月
16才未満のものが観光目的で入国する場合は
入国審査時に保護者からの渡航同意書が必要
カナダ出国予定日+1日以上
メキシコ合衆国不要観光は査証不要
入国時に審査官により滞在日数が決定(最大180日)
帰国時まで有効なもの
北マリアナ諸島不要45日以内は査証・ESTA渡航認証は不要
グアム・北マリアナ査証免除条件および米国大使館ホームページ確認
帰国まで有効なもの
グアム(米国)不要45日以内は査証・ESTA渡航認証は不要
グアム・北マリアナ査証免除条件および米国大使館ホームページ確認
帰国まで有効なもの
パラオ共和国不要30日以内の観光は査証不要、往復航空券が必要入国時6ヶ月以上必要
マーシャル諸島
共和国
不要現地空港で30日滞在可能な観光査証が取得可
現地空港で査証が旅券に押印されるが免除されている
出国用航空券及び十分な滞在費が必要
入国時6ヶ月以上必要
ミクロネシア連邦不要30日以内の滞在は査証不要
出国用航空券、次の訪問国の査証が必要
ミクロネシア入国時120日+
滞在日数以上必要
オーストラリア必要観光ETA(3ヶ月以内滞在可能)登録が必要
ETAの条件を満たしていない場合は査証を申請する
帰国時まで有効なもの
サモア(米国)不要30日以内の観光は査証不要
入国時に出国用航空券が必要
入国時6ヶ月以上必要
キリバス共和国不要1ヶ月以内の観光は査証不要入国時6ヶ月以上必要
旅券の未使用査証欄は3貢以上必要
クック諸島
(ニュージーランド)
不要30日以内の滞在は査証不要現地や大使館に確認
サモア独立国不要60日以内の滞在は査証不要
出国用航空券、第三国の入国査証
宿泊予約証明書、滞在費用証明等が必要
出国時6ヶ月以上必要
ソロモン諸島不要入国時に3ヶ月以内の観光許可証が発行される入国時6ヶ月以上必要
ツバル不要入国時に滞在許可が発給される
滞在許可の滞在日数は30日間
帰国用虚空権または次の訪問国への航空券が必要
入国時6ヶ月以上必要
旅券の未使用査証欄は片面3貢以上必要
トンガ王国
(英国)
不要入国時に31日間滞在可能な査証が発給される
入国時に出国用航空券、乗船券が必要
入国時6ヶ月以上必要
ナウル共和国必要ブリスベンのナウル総領事館等で査証を取得する
申請書、旅券データ面コピー、日程表、ホテルの予約証明書等が必要
現地や申請先の領事館等に確認
ニューカレドニア
(フランス)
不要6ヶ月間で90日以内の観光は査証不要
入国時に出国用航空券の持参が必要
旅券の未使用査証欄は見開き2頁以上必要
出国時3ヶ月以上必要
ニュージーランド不要3ヶ月以内の観光は査証不要
往復航空券と滞在資金、第三国への査証が必要
入国時3ヶ月+
滞在日数以上必要
バヌアツ共和国不要30日以内の観光は査証不要
出国用航空券が必要
入国時6ヶ月以上必要
パプアニューギニア必要観光査証の滞在可能日数は60日
60日以内の個人観光の場合
ポートモレスビーのジャクソン空港で査証取得が可能(有料)
入国時6ヶ月以上必要
旅券の未使用査証欄が4貢以上必要
フィジー諸島共和国不要4ヶ月以内の観光は査証不要
航空券などのフィジーを出国する為の証明が必要
入国時6ヶ月+滞在日数が必要
ポリネシア
(フランス)
不要6ヶ月間で90日以内の観光は査証不要
入国時に出国用航空券が必要
旅券の未使用査証欄は見開き2頁以上必要
出国時3ヶ月以上必要
<<株式会社nts>> 〒711-0921 岡山県倉敷市児島駅前2-35
天満屋ハピータウンTOPIA店 TEL:086-470-0633 FAX:086-470-0966